So-net無料ブログ作成
検索選択

チョーク

素敵なトランスケースですが、中身が入っていません。このケースは寸法内に収まるトランスであればセットアップできるようになっています。ユニバーサルケース仕様とでも言っておきましょう。 
(別名高床式マウント方式と言うとか言わないとか?.=写真参照)
中身に良い物が欲しけりゃあ作ればいいのさ!クラフトマンの楽しみは先ず理想的な完成形を夢見る事!(oyoyoさんウイルスに感染した兄ぃ)
外観重視の設計で「それ行け!やれ行け!」でやって来て気がつきました。回路、それに使う部品の仕様、さらにその手配を全く決めていない!!・・・少々(かなり?)焦りが出て来ております。
兄ぃとしては、取り敢えずはハムでもノイズでも何か音が出るアンプの完成をと考えているのに周りの同志諸氏は、やるなら世界最高のスペック(当然音質)でと、バイアスがどんどん上がって暴走していきます。
今回は シングルアンプ で行くと、憲法で決めました。
では、“チョークトランスの巻”に行きましょう。
『定常電流値を160mA程度、200mAを最大許容値とした、音の良いチョークトランス作って貰えませんか?』
ひそひそ声で、『成るべく大きなL値で作って、お願いm(_ _)m』
「このスペックなら大抵の真空管で使えそう」と言った仕様を恥も外聞も無く要求して行きます。
同志会(何だ?それ?)の方針では先ず、トランスケースの大きさが優先されます。
確かに今回のシャーシはシングルアンプ仕様ですので、チョークの容量を増やした方が有利に成りますが。。。それに希望スペックを収めろと言われると…0424.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。