So-net無料ブログ作成
検索選択

アポロ電子さんへ

久し振りに oyoyo さんと、アポロ電子さんにお邪魔しました。
oyoyo さんはトランスにネームプレートを付けました。(写真
0520.jpg
整流管を取り替えひっかえして音の変化を二時間も楽しみました。
写真上は KT66、下は CV1947
アポロ電子さんに置いておきますので、聞きに来て下さい。

球替~メタル管

お気に入りの佇まい。
オールメタル管仕様です。
0517.jpg
素晴らしい音です。
フィラメントの灯が綺麗!
なに?見えねえ??
正直者にしか見えないんだよ。・・ん?見えた?良かったですねぇ裸の王様。

球替え

親父の遺品 RCAの6L6GCに替えてみました。
0516_6L6GC2.jpg
40年ぶり(多分。いや・・・もっとか?)に灯を入れました。良い音です。
0516_6L6GC1.jpg

出来ましたぁ!

出来ましたぁ!音が出たぁ!
 聴くに堪えないひどい音だぁ (*_*;)\(-_-;)ベシ!! ウソです!
ペントードらしい元気のある良い音です(きっぱり)
0512.jpg
傷防止養生のまま失礼します。
KT66で灯を入れました。
さあ、これから音の「味」を調整します。

回路図

ん?回路図ですか?
では公開!
ただし一部、印刷の汚れ、トーキョクの検閲により公開できない部分があることを御了承下さい。
kairozu.jpg
わつ! 何か飛んできた! ごめんなさい!!

こんなんもあります。

WE-396A
396A.jpg
こりゃ整流管と御先祖様に申し訳ねえ・・・

WE-VT52

球の着せ替え遊びです。
WE-VT52.jpg
WE-VT52

2015-05-03

子供の頃、ゾッコン惚れ込んだ球があります。
6L6GC・・・・・その姿態にうっとりしたのです。
0504.jpg
5極管で惚れた唯一の球です。形ですよ形!いつか組んでみたいとオヤジのコレクションから失敬して取ってあります。学生の頃ラックスキットの6550PPを組んだことがあります。秋葉原で叩き売りしていて衝動買いしたものです。数年使う事になりましたが、回路と調整が面倒なので3極管のロフチンホワイトに浮気して今日に至りました。今、久し振りにペントードと向き合ったのですが、あーメンドクチャイ!テーコーとコンデンサーがいっぱい有る・・・

2015-05-03

おお!忘れていました。
懐炉です。いや 回路です。
シングルです。
プッシュプル・・・好きではありません。
出力管2本必要=資金も2倍必要=出力管ソケット占有面積も2倍。
アンプが重くなり、財布は軽くなる。結論却下。
球? 6L6シリーズでやります。
6L6への憧れもありまして・・・後日ね。
で、配線開始!
0503.jpg
近頃は、テフロンとかシリコンとか材料が優れていますね。
ハンダゴテをタップリ当てても溶けません。
昭和産の兄ぃには信じられません。

色分け

配線コードの色分けについて
野蛮人の兄ぃは、長さが丁度良けりゃ ケチって取っておいたビニルコードを「ま、良いか」ってな事で使ってしまった事は無い。断じてない。無かっただろう・・・と思う。ハハハ

「配線コードの色分け」ってーのが有ります。
JIS C6003 9色による線材の色分け
0502.jpg
規格は平成5年に廃止になっています。
「やったぁ!廃止だと!んじゃ、その辺に落ちている余ったやつを・・・」
「こらぁ!真空管アンプの世界では現役規格だ」
変な色使うと後で裏蓋開ける必要に迫ったとき困るんです。
灰色とか鳶色、飴色、浅黄色・・・・
近ごろ白地に赤なんて国旗みたいなのが横行して兄ぃ困っちゃう。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。